FC2ブログ

ソフィ・カル 展 ~ 豊田市美術館

アート缶
11 /26 2015



11月21日(土)

開館20周年、1年休館のリニューアルオープンの

豊田市美術館


このチラシの後ろ姿に惹かれて、


写真と言葉を組み合わせた作品の現代美術家、

ソフィ・カル(1953~)の展覧会。


大きく3つのシリーズ


1〈盲目の人々〉

「生まれつき目の見えない人に、美しいものは何かと尋ねた」
カラー写真と文とポ-トレート
23人のイメージ
海。緑。羊。モロッコ。生活を共にしている男性。息子。


2〈最後に見たもの〉

突然視力を失ってしまった人の、最後に見たものの話。
13人のイメージ
心の記憶として、いつも見ていた駅の時計。
客にせかされて無茶な運転をしたために運悪く横を走るマフィアに
目を撃ち抜かれた元タクシードライバーのリボルバーの記憶。
医師。日の出。ランプ。トラック。
今は見られない子供たちが座っていた、そのソファー。


3〈海を見る〉

映像とうちよせる波の音。
これまで海を見たことのない人々に海を見せて、
「見終わったらふり返ってそのまなざしを私に見せてほしい」


静かに作品に対峙する観客も見る。

シリーズごとに大小の展示室を移動するときに
通路から外の現実が徐々に夜に向かっていくのを知る。

そんな美術館の愉しみも。


閉館時間 間もなく。


余韻を写して。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート