FC2ブログ

明治村 ~ 西郷從道邸

アート缶
09 /15 2015



9月12日(土)、明治村から

◎ 西郷從道邸 ◎


西郷隆盛の弟で、陸・海軍、農商務、内務等の大臣を歴任した
西郷從道(1843-1902)が明治10年代初めに建てた洋館。
ふだんの住居としては同じ自邸内に大きな和風のお屋敷があり、
こちらは主に接客の場。


設計はフランス人建築家レスカス。

明治村内、主要建物で日に何度か『建物ガイド』。
「これから始めます、よかったらどうぞ~」
通常の見学では見られない2階部など、
ガイドさんの案内で、お話聞きながら見学できます。

流れる曲線、廻り階段


2階 東の間


「きっと宮家の方もお座りになったソファーですよ~」


足もとに螺鈿


瀬戸で焼かれた陶器製の暖炉


2階 西の間。骨組みは竹製のように見えますが、


竹にみせた木製。


蒔絵。


こちらは昼間のゲストルーム用(?)


オールドノリタケ(?)、深い藍色。


建物裏手(西側)には使用人用の通路。


1階、こちらも この奥は使用人用(?)

(このすりガラスの使い方が目に留まる)

1階、婦人室。桜模様の小椅子。


ノブ


美脚な椅子


大の相撲好きの從道は、建物前に土俵をつくって
このバルコニーから海外からの客人らと観戦。
今はそこから聖ヨハネ教会堂が望めます。


晩秋には真っ赤に紅葉、モミジ。

旧所在地:東京都目黒区上目黒



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート