FC2ブログ

ひとり旅の楽しみ。

なら缶
12 /01 2014
 


 
11月8日(土)の長谷寺・室生寺、終わりに。
 
ま~辺鄙なところで(失礼)
長谷寺から室生寺直通「臨時バスがあります」
って一時間に1本。

 
運よく乗れて、

 
初瀬ダム

 
ぐるっと回って、ダム湖

 
途中、じっちゃんの運転するボンネットの錆びた
TOYOTAトラックとすれ違えずの経過を見守ったり、
タヌキらしき小動物の交通事故後を見たり
ススキの茫洋と茂る路肩、実のたわわの柿の木風景…、
あとで地図を見るとなんでこんな遠回りしていったのか
という約50分の奈良の山のバスの移動を楽しむ。

 
室生寺門前、
10年、20年前も同じ風景だったようなお土産やさんの店先に

 

10年、20年前はきっともっと賑わっていたかも。
 
室生寺、この建築に門前町

 
旅の終わりに、『回転焼き』だって。

 
おばさんも2個、よもぎの風味。

 
ついでに柿も2個ください。

 
温かくて甘いんだよね。

 
最寄駅までのバス(これも4:30PMで最終)は結構賑わっていたのに、
みんな大阪方面のホームに。
名古屋方面はおばさんともう一人おっちゃん。

あ、その腕のミサンガみたいな輪っかは
おっちゃんも長谷寺参拝されてきたのか。
 
長谷寺で観音様の特別拝観の時に
『結縁の五色線』って輪っかを頂いて
一日腕に付けていたの(つもり)だが、
この時気づいて確認したら、ない。

その包みに『これを身に着けることにより観音様と
ご縁がむすばれたというしるし…』とある。
たぶん、室生寺の奥の院のゴールで、
汗かいてジャケット脱いだ時にご縁を置いてきた気がする(涙)。
 
あとで山登りすることになるとは知らずにもとめた
このお守りのおかげか無事帰還できたので、
良しとしようか。

 
室生寺門前で、
『山椒の実』、おつなお土産。

 
先のバスの後ろの席のおふたりが
「さっきの長谷寺の門前の奈良漬けのお店で
柿の奈良漬がありましたけど、
お味はどんなか気になりますね。」

 
おばさんも気になります。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート