FC2ブログ

長谷詣

なら缶
11 /12 2014
 

 
11月8日(土)の奈良・初瀬
 
近鉄長谷寺駅を降りるとそこから寺の門前町

 
2日前に突然、「そうだ長谷寺!」と思い立って、
ほとんど下調べもせず、やってきたのだが、
住宅街にこんなつくりを見ると、
「あ~奈良なんだ」って気付かされる。

 
初瀬川

 
乾物おみやげ、奥に日用雑貨

 
料理方法ガ ワカラナイ~。

 
参道

 
奈良時代創建といわれる長谷寺は、
平安時代には女性貴族を中心に「長谷詣」が盛んになる。

 
万葉集から、枕草子、源氏物語、蜻蛉日記にも
描かれているそうで。

 
女御も、京より70kmの道のりを越えてはるばると。

 
大根~?

 
右のが干からびて左になる?

 
湯気ほかほかのふかしまんじゅうやら、草餅やら。

 
「焼いたの三っつ くださいな」
 
「紅葉にはまだちょっと早かったね」て、じっちゃん。

 
いいのよ、いいのよ、このくらいの閑散さが、
のんびり参詣にぴったり。
 
長谷寺の塔頭「法起院」

 
古代縁起米・赤米
左下の葉っぱは「無農薬自家製月桂樹」

 
柿の葉寿司

 
「お参りの帰りに寄っていって」って、
また草餅と奈良漬けの試食のかけらもらう。

 
昭和の団体バス旅行の残り香。

 
駅より約1.5km
 
仁王門前より。晴天、長谷詣。

 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート