FC2ブログ

「折り合いをつける」

よしなしごと缶
11 /24 2009
昨晩、TVつけてよそ事しながら半分聴いてただけですが、NHKで立花隆さんがご自分の生と死について「折り合いをつける」と言っていた。がんの特集だったか。立花さん自身のがんについて、もう積極的に抗がん剤治療をしないとして。
たしか解剖学者の養老孟司さんがその言葉を同じような意味で使ってたのが心にひっかかり、ときどき思い返してみる言葉です。「折り合いをつける」


医療系の特集で、80代の男性が「危ういところで命拾いをした、おかげで助かった」と言ってたのに、人間は何歳まで生きたいのだろうと考える。


以前、がん特集で、日本人のがんでの死亡率が高いのは、寿命が高くなったから。がんは細胞の老化ともいってた。(若い方のがんはまた別の問題として)


少し前まで共食いしたり、他の昆虫捕まえてバリバリ喰ってたしたたか者のカマキリたち、2週間ほど前ひっくり返って弱々しく足を動かしてる1匹を見たのを最後に姿を消しました。


庭のあちらこちらに次世代のカプセルを残して。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート