FC2ブログ

『杉本健吉君の絵』

アート缶
02 /05 2014
 

 

 
杉本健吉君は日展で続けて賞を貰い急に世間的に認められ、
挿絵に装幀に今は流行児になってゐる。
 

 
杉本君の家族の多い事を知る私は物質的な意味でそれは
大変いいことだと思っているが画家としての杉本君の為、
別に喜ばしい事とは思っていない。
 

 
何故なら杉本君はいわゆる本流の絵を描く人で、
今までの絵は世間的にみとめられるに丁度いいうまさに
達したというに過ぎないからである。
 

 
杉本君の絵のうまさは分かり易いうまさだ。
 

 

 

 
感じをよく掴んで、それを要領よく画面に現はす技量は
却々鮮やかなものである。
 

 
それ故、杉本君は現在の技量だけでも日本で稀な才人といふ事が
出来るが、然し、私の杉本君に望むところはもっと大きい。
 

 

 
今のところで止まってゐては通俗作家に終わる危険がなしとしない。
 

 
この危険区域を杉本君が早く出抜ける努力をされる事を望んでゐる。
 

 
(志賀直哉の文)                    
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート