FC2ブログ

金沢 ・ 美術の小径 ~ 薬師寺展

かなざわ缶
05 /05 2013
 

 
白い鈴生り、ドウダンツツジ

 
真っ赤なツツジ

 
21世紀美術館から そんな街角を 曲がって曲がると
本多の森、中村記念美術館別館(旧中村邸)

 
その右手奥が入口となって、
秘密の(?)抜け道の階段なのです。

 
兼六園や広坂を潤す辰巳用水の分流

 
                              自分は今 どこにいるのだろうと思う・・・           
  ごうごうと音を立てて、                        

 
ヤブツバキやら、モミジ、笹、アオキ、ヒメシャラ・・・

 
水しぶき

 
以前偶然見つけた近道なのですが、
《美術の小径》とよばれているそうで。
 
約150mほどの坂の散策路を登りきると、

 
出羽町へ。右手に歴史博物館

 
左手に、県立美術館

 
ちょうど1年前の同じ日に、奈良・薬師寺へ
 
その きらびやかな伽藍の建ち並ぶ境内の片隅に
そこだけ静かに歴史を感じるたたずまいの東院堂
 
その中に聖観世音菩薩さんという仏様がおられまして、
古い本ですが『古寺巡礼』で和辻哲郎さんが
 
幾度見ても新しい
無限の力の神秘
 
「その全身を横から後ろから自由にながめられないのが遺憾である」
 
とあるのが、今回光背のない姿で金沢にいらっしゃって、
「そんな~、後ろ姿まで拝見しちゃってよろしいのか~」とつぶやきながら、何巡もする。
 
石川県立美術館
国宝 薬師寺展

 
薬師寺でも期間限定でしか見られない吉祥天女画像も。
 
 
でもね、薬師寺ではどちらも季節の花をお供えされておりました。
 
美術館では『演出された展示品』で、そこがちょっと残念でした。
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート