FC2ブログ

日本民藝館コレクション - 柳宗悦の眼 -

アート缶
11 /26 2011
 

 
先週の豊田市民芸館
 
シーサー(狛犬?)の向こうは第二民芸館

 
第一民芸館

こちらは柳宗悦が創設した東京・駒場の日本民芸館の一部を移築復元したもの。
館内には柳宗悦の小さな書斎もあり。
 
ここで 日本民藝館コレクション            
                -柳宗悦の眼- 展 やってます。

民芸運動の創始者・柳宗悦の蒐集した日本民藝館のコレクションを借り受けた品々を展示。
 
「芸術」という言葉に対峙する「工芸」「民芸」という言葉。
日常の器物の中に美を見出した宗悦に賛同した
濱田庄司・河井寛次郎・芹沢介・バーナード・リーチの作品。
 

 
ここの展示は、こげ茶色の木の枠の家具調のシンプルなガラスケースに
器や工芸品が何点か並べられ、そんなケースがいくつか。
そんな様子を眺めるのも楽し。
 
作品名等の紹介も黒塗りの札に、橙色の手書き文字。
古風な感じが目新しく。

 
土蔵と第二民芸館

 
施設内、穴窯。陶芸教室の作品を焼いている。

 
この夏の猛暑もまぼろし。

 
棟方志功の「華狩頌」。これは棟方板画館蔵の作品の絵はがき。
夏に愛知県美術館で拝見しました。

これと同じ日本民芸館蔵のものが展示されてます。
表装が違います。
 
他に朝鮮陶磁器、アイヌの衣装、江戸時代の器、黒田辰秋の朱の鏡台・・・。
 
 
紅葉が見ごろ。
 
遠方から来られる方、犬のお散歩のご近所の方。

 
 
宗悦の碑あり
 
見テ知リソ 知リテナ見ソ
 
「物は見てから知れ 知ってから見るな」だそうです。

 
*  蛇 足  *
帰りがけにポストカードなんかちらり見てると
係りの方に「前にも来られましたよね。」と話しかけられてしまった。
今年1月くらいに「河井寛次郎展」見に来ましたが。
え、そんな記憶力のよい方か?
逸品を貸切状態で見られるお客さんの少なさ、今年何人目のお客さん?
印象に残るほど挙動不審な人物に見えた?
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート