FC2ブログ

親鸞展

よしなしごと缶
01 /15 2011
 
無事一週間終わりました~。
 
先週の日曜日、
もうすぐ完成のプラネタリウムの外観を見て、
ちび猫に出会い、
モネのスイレンをめで、
 
そして、JR名古屋タカシマヤで、
親鸞展
 

 
あ、わたくし、真宗の人じゃありません。
 
一遍どっかで書いてますが、私がマナビました おバカなゲージツ系短大が、
東本願寺系で、親鸞聖人ご命日は、休校だったのです。
 
「親鸞さんのおかげでお休み
」という 短大ゆえ2度のみの恩恵を忘れられず。
 

 
五木寛之さんの新聞小説の連載と、聖人750回忌の記念企画だそうで。
 
『南無阿弥陀仏』の教えを会得する道のりと、
親鸞が生き、教えをひろめた京都・越後・関東の親鸞ゆかりの品々。
 
一番「親鸞さんはこんな方か」と感じられたのは「書=筆跡」かもしれません。
 
絵巻や書は複製 多かったです。
 

 
1年半くらい前、名古屋市博物館で西本願寺所蔵の品々を見てるので、なんだか少し物足りず。
 
あの時はまだ何の書物も読まず、得度の経緯や流罪や弾圧についても知りませんで、
まったく馬の耳に念仏でございました。
 

↑ はしがきに「また親鸞の本を書いてしっまった~81歳の誕生日に」とある、
講談社学術文庫のこの本、わかりやすい。
 
会場の出口 出たところにも売られていました。
 
親鸞聖人の「公式フィギュア」3,150円なんてのまで売ってたのには、驚いちゃいましたが。
 
 
聖人ご命日の1月16日(日)まで。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート