FC2ブログ

ポーラ美術館 コレクション展

アート缶
01 /12 2011
 
名古屋・白川公園内
 
夏に涼しい木陰を作る欅。

 
この、冬の落葉後の姿も いと清々し。

 
名古屋市美術館
 
ポーラ美術館 コレクション展
 
     ~2011年2月6日(日)

 
ポーラ美術館は2002年箱根に開館の比較的新しい美術館。
 
ポーラのオーナー、故・鈴木常司氏の収集したコレクション。

 
印象派とエコール・ド・パリの作品たち。
 
モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ
 
モディリアーニ、シャガール、ローランサン

 
ほとんどが50号以下の小品ながら、
 
画家の息づかいを感じられるようなオーラのある逸品ばかり。
 
「目玉」といえる大衆が寄ってくるような作品の展覧会ではないので、
 
展示室の空気もいいのですね。
 
鑑賞する人のこつんこつんという靴音、小声でのおしゃべりも心地よいノイズ。

 
あ、実は絵を見るのは好きなのですが、情報難民で、
 
小牧市にあるメナード美術館と半分混同しておりました(化粧品つながりで)。
 
名古屋に行くついでに、なんかいい展覧会のような気がしての寄り道でした。
 
へへへ~、カンが当たった。

 
レオナール・フジタの「オランダの少女たち」

 
クロード・モネの「ジヴェルニーの積みわら」もあり。
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート