FC2ブログ

『日日是好日』

映画缶
11 /26 2018



11月10日(土) 豊田市民芸館

民芸館敷地内に立礼式の茶室があって、
土日・祝日は350円で呈茶サービスあり。


今日のおまんじゅうはどんなでしょうか?
ここに来ると企画展を見終わってから
立ち寄るのを楽しみにしているのですが、
お客さんが多い日は当日分のおまんじゅうがなくなってしまうと
干菓子になってしまうようなので、
観賞中もそちらが気になって落ち着かない。


掛け軸に花。


当番のお茶の先生は、ひっきりなしのお客さんにもにこやかにご接待。


昨日は映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。
黒木華さんがお茶を習い始めた主人公の生徒さんで、
その先生が樹木希林さん。お茶のお稽古の中から
人生のあれこれの気づき。お茶の世界の魅力。


おばさんは、まず初めの袱紗の折り畳み方からお手上げで、
早速お稽古やめる口実を探すのに頭がいっぱいになっちゃうな。

主人公が「なぜ?」って聞くと、先生の樹木希林さんは
「お茶はまず形を作っておいて、あとから心が入ればいいのよ」

でも、「ただ、美味しいお茶を飲みに来ればいいじゃないの。」とも。


雨の日は雨を聞いて、雪の日は雪を見て、
夏は夏の暑さを、
五感を使って全身でその瞬間を味わう
      ~そういう世界だそうです。

本日のおまんじゅう、いただけました。


お茶碗は本多静雄さんの集められたものだそうです。
「スズキセイセイセンセイの作品ですよ。」


鈴木青々さん、加藤作助さん。
お客さんのおっちゃんたちは「いやー、懐かしい」を繰り返し、
「作助さん、先代の?」。
ご婦人は「結婚式の引き出物は作助さんのでそろえたのよ」なんて。
何だか金額的にもゴージャスな別世界。

映画の中では正式なお茶会で「正客」に白羽の矢が当たっちゃうと
いろいろ面倒があって、それを避けるべく椅子取りゲーム。
いや、実は我こそは「正客」に指名されるべきと自負のお方もおありじゃ?

季節のお道具、掛け軸、お茶碗。
四季の和菓子も宝石のように美しく、そして美味しそう。






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート