FC2ブログ

民芸の森 ①

まち缶
11 /11 2018


 

名鉄平戸橋駅から、ちょっと寄り道。


まだこんな風ですがね、「豊田市 民芸の森」



「やぁ、来たね」って迎えてくれるんだ。




来週には見ごろになって「紅葉ウォーキング」、
どうぞって、チラシもいただく。


「エフエム愛知」創立ほか、このあたりでは著名な実業家でありながら、
民藝運動創始者の柳宗悦と親しく、陶磁史研究などの文化人としても
大きな功績を持つ本多静雄さんの旧居であった場所。


お住まいは取り壊されてしまったようですが、
茶室、ゲストハウスであった田舎家、土蔵などが残されており、
整備されて数年前から一般公開のよう。


(これは茶室)

瀬戸の陶磁美術館にこんな茶目っ気のある陶磁の狛犬が
わんさか展示されてるのを見たことがあるんですが、
それ、本多さんの収集したものの寄贈品だそうです。
 



風は強かったのですが、カラッと明るい晩秋の陽ざし。


茶室「松近亭」、尾張藩家老の煎茶席を1949年移築。


お茶を習うために毎月鎌倉からお茶の先生を招いていたそう。


幹線道路沿いは市の名木指定のクヌギ林。



土蔵





阿(あ)


吽(うん)


サザンカ咲く。



阿吽のれん。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート