FC2ブログ

佐久島 ~ すぐそこの、向こう側

さくしま缶
11 /03 2018



これは佐久島行きの船のりばなんですが、


この看板の向こうの向こうに

旧自治体時代の小さなハコモノ。


はじめは中途半端な水族館風だったんだろうところに
昨年リニューアルで、これも中途半端かもしれない
佐久島アートの番外編が中に納まって、







※ これは今年8月。お蔵入りするところだったのをひっぱりだして。

それまでは白かったこの壁が、



『猫野ぺすか』さんという絵本作家さんの作品になる。(2018年10月~)



ハコ名も「佐久島ナビステーション」なんて名になっていて、

佐久島PRのポスターなんか。

近年、「アートの島」なんていって若い人にも人気の佐久島の。









その24番目のアート作品として、

猫野ぺすか『すぐそこの、向こう側』



主人公はこの2匹ですね。



真ん中の、


扉を開けて、


今は高速船で20分で着けちゃう島ですが、
荒天の日や、夜間は海が隔てる。
こんな風におおかみさんの背中に乗って
島の人に会いに、こちらの人に会いに、
「びゅん」と渡って駆け付けたい日もありますね。





ノンかビリー、カモメの駐車場、おひるねハウス、ヤブツバキ



島の帰りのお客さん。


また開けに来てください。


ほんの小さなアートスペースですけどね。



(佐久島アートなバイク)




(アートな看板つけてください。)

つき当たりのこの窓も「猫野さん」のイラストだそうです。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート