FC2ブログ

モネ撮影会。

アート缶
09 /06 2018



9月1日(土) 名古屋市美術館
至上の印象派展
ビュールレ・コレクション

撮影可なんです、最後の展示室のこの一枚のみ。


今までスイス国外には出たことはなく、もちろん日本では初公開の。


ビュールレはモネの作品に特別な関心を持ち、
モネの住んだジヴェルニーにも足を運ぶ。


1952年、チューリッヒであったモネの回顧展でこれを見た
ビュールレがモネの遺族から購入したものという。


《睡蓮の池、緑の反映》1920-26年
クロード・モネ(1840-1926)晩年の傑作。



モネがパリ郊外のジヴェルニーに移り住んだのは、40代前半。
エプト川から自宅敷地に水を引き、睡蓮池を作り、多くの作品を生む。


モネの見た光と水と…。




200×425の大作です。



モネに見惚れて、






絵具


空間


ゆらり、花







モネ撮る人を撮って。



おばさんのモネづくし

期間限定(終了)のプレゼント絵はがき、クリアファイル、横長絵はがき




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート