FC2ブログ

「柳宗悦 蒐集の軌跡」

アート缶
11 /30 2017



11月25日(土)  豊田市民芸館


この季節になると東京・駒場の日本民藝館からの
再構成の展覧会が企画されて、
河井寛次郎、濱田庄司、芹沢介なんて展覧会名に惹かれて
年に一度くらい足を運ぶようになって、


今年は「柳宗悦 蒐集の軌跡」

無名の職人による日用の工芸品「民芸」の美を説いた
柳宗悦(1889-1961)の
民芸運動以前から最晩年までの個人のコレクションより
日本の工芸品を中心に。


古いものでは縄文土器から
多くは江戸期の陶磁器、衣類、大津絵、木工品、
円空仏・木喰仏


江戸時代の皿の色あざやかさ、
草文皿の絵筆跡ののびやかさ。

金具屋さんの看板、こぎん刺しの小さな足袋、
木の皮の道具入れの編込みと模様の美に
高岡の金属の器の持ち手の穴のカタチの美。

陶器と金属器と、木(竹?)細工編みのかごとが一列にならぶ美と。

そして、遠い過ぎた日にこのものたちを作ったひとと
これを愛でながら使ったひとを
おもわずにはいられない。


わたくし、「芸術より工芸」を唱える民芸運動信者でもなく
まぁ、毎年の恒例行事のように来てしまったわけですが、
気負いもなく「雑器の美」に向かって
楽しんでる自分に
民芸運動にカンカされつつあるヨカン。


メインの第1民芸館奥に柳の書斎のような部屋があり
柳の愛用品と、にこりとほほ笑む柳の写真。


「見てから知りなさい。」


じかに見る。
物を見るのは無手に限る。


左手は土蔵、右手は第2民芸館。
(奥に第1民芸館、手前にもう一つ第3民芸館あり)


豊田市民芸館HP(展覧会場様子も)→


~12月24日(日)



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート