FC2ブログ

魯山人の宇宙

アート缶
01 /16 2010
いかついお顔がお出迎え


愛知・高浜市やきものの里
 ~古くから三州瓦の産地です。


名古屋城のしゃちほこより大きいがや。


かわら美術館で

「魯山人の宇宙」展

 ~2月7日(日)


北大路魯山人。傲岸不遜の書家、美食家、陶芸家、画家…。
『美味しんぼ』の海原雄山のモデルですな。


「『独断』がなければ地に足が着かない」。
「ピカソなんか線がへたくそ、色が汚い」。なるほど絵画ははじめて見ましたがうまいです。でも略歴の表を見てたらこの人何回結婚してるんだ(6回して、みんなうまくいかんかったようだ)、ピカソと変わらんじゃん。


観覧料600円のボリュームですが魯山人の世界を楽しめます。
食を追求する中で生まれた「用の美」「生きた器」、美味しいものをのせるためのお皿って思いながら見られるの、いいですね♪
ちなみに魯山人、美食からの寄生虫による肝硬変が死因のようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート