FC2ブログ

九重味醂

まち缶
09 /03 2017



少し前ですが、8月18日(金)

碧南市藤井達吉現代美術館の後に寄り道さんぽ。


珍しく平日にあたったので、

「直売所」の のぼり案内なんかにのせられて~、


休業日だと木戸に閉ざされて窺えない風景。


お料理にてお世話になっております、

九重味醂さん。


「三河みりん」。煮物などお料理各種に、甘みとコクとうま味。
これさえ入れたら、おばさんのお料理も☆☆☆!?

このあたりは温暖な気候で水と米に恵まれて
醸造に適していたのでしょうね。

安永元年(1772)創業の古いみりんの醸造元


水運にも恵まれて、当時はこれに詰められて、
船で江戸まで運ばれたのですね。


今どきおばさんは300mlペトボト入りのです。


ここ、事務所入り口が即売所になっていて、
みりん各種、焼き肉のたれ、ふりかけ、
「みりん屋さんのアイス」…。
親切なおねえさんがご案内してくれます~。


庭に。ツバキの実ですかね。


積まれた甕と、向こうは藤井達吉美術館。


敷地内、手入れされた古いお宅のような佇まいに
井戸があったり、ザクロ。




通りに出て、南側。向こうは西方寺太鼓堂。


ぐるり西側から、




北側から、「大蔵」


もろみを搾ったみりんを熟成するところだそうです。


築300年の歴史が味を作る。


敷地まわりをぐるり歩いて まち歩き気分。


おばさんは「吟醸みりん粕ピー」と


「九重櫻」、瓶入り。






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート