FC2ブログ

藤田嗣治展

アート缶
06 /12 2016



本日は名古屋市美術館、

藤田嗣治展


こんなどんよりとした梅雨空の日が
お出かけ日和、の時候となりました。


じゃ~ん!と展覧会場、アプローチ。


藤田嗣治(1886-1968)


「およそ藤田ほど毀誉褒貶に晒された画家もいないでしょう」
というチラシの一文が現す、時代を追っての作品の約150点。

「乳白色の肌」と細い面相筆の一本線の輪郭と
薄い布地の質感と模様、人物の表情。






まぁ、難しいことは言わず、
フジタワールドを堪能するのだ。


そして猫。

( ↑ これはいません)

洗礼名の「レオナール」は、彼の敬愛するルネサンス期の画家
レオナルド・ダ・ビンチからとは知りませなんだ。

                   
                     ~7月3日(日) 




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート