FC2ブログ

1月のデンパーク ~ 葉を見て… ①

デンパーク缶
01 /31 2020


1月19日(日) デンパーク

冬の《彩(いろどり)の花木園》
い1

夏はピンクのサルスベリ、
い2

冬はサザンカ、
い3

斑入りの葉。
 い4

森?林?の中なんだけど、
木どころか、葉か花ばかり見て、森を見ず。
い5

〈エゾキブシ〉キブシ科
い6
花芽の房。3月ころには淡い黄色の花をほろほろ咲かすよ。

真っ赤な紅葉、〈メギ ”ゴールド リング”〉メギ科
い7
和名:「目木」~ 葉や樹皮を煎じて洗眼に用いたので。
別名:コトリトマラズ、ヨロイドオシ ~ この鋭いトゲから?

〈大東茶(ダイトウチャ)〉ツバキ科
い8

い9

い10

い12
台湾原産の台湾ツバキ。寒さに弱いので
花びらは一日で傷んでしまうのだそう。
この暖冬のせいか今年は状態のいい花を
いくつもきれいに咲かせていました。
い11

モミジ、羽根の実。
い14


スポンサーサイト



1月のデンパーク ~ 1月のチューリップ

デンパーク缶
01 /30 2020

 

1月19日(日) デンパーク

花木園プラザ 横。
ち1

これもアイスチューリップ
ち2

こんなにきれいに咲きそろって、
ち3

すこやかなシルキーピンク。
ち4

ふちどり紫のビオラ添え。
ち5

毎年この季節は大温室が春先取りの展示になって
それをいつも楽しみにしていたのが、ただいま改修中。
代わりにか こんなところに「春の切り取り」。
ち6

ち7

ち8

まだ寒いこの季節だから春より花期が長いのが利点だそう。
ち9

今年はすでに春か⁉と思ってしまうような陽気の日もあるけれど、
なにしろまだまだ1月の屋外ですのでね、
ち10

風邪などひかないようにね。
ち11



1月のデンパーク ~ 1月の十月桜

デンパーク缶
01 /29 2020

 

1月19日(日) デンパーク

グレイの背景に淡いさくら色がちらちら。
さ1

1月の十月桜。
さ4

おばさんの毎日の出勤の道すがらにも、2か所、こんな桜が開花中。
植えられているお宅の(どちらも個人宅)お人柄を想うよ。
さ5

ちらちらとはかなげだけど、見ごろは長いね、
その名の10月ころからずっとこの調子だよ。
さ2

今年は特別暖冬のせいもあるからか。
可愛く咲く1月の桜。
さ3


1月のデンパーク ~ 白の花木園

デンパーク缶
01 /28 2020
 
 

1月19日(日) デンパーク

鳥に食べられ、〈ガマズミ〉レンプクソウ科 ?
か1

こんなふうに黄葉。シモツケかな?バラ科でしょうね。
か5

〈ウチワノキ〉モクセイ科
か6
↑ 黒いつぶつぶは花芽のようです。
朝鮮半島原産で別名シロバナレンギョウ、
3月ころレンギョウに似た白い花を咲かせるそうです。
実は扁平でうちわに似ているんだって。雌雄異株。

〈ツバキ ”白侘助”〉ツバキ科 
か7

か9

枯れ姿。このあたりで咲いていたのは白い〈イチハツ〉アヤメ科。
か10

白花の〈ジンチョウゲ〉ジンチョウゲ科
か11

裏と、
か12

表と、
か13

さいごの一葉はコバノズイナ?
か14

〈モクレン ”サヨナラ”〉モクレン科
か15

この《白の花木園》は一番北側の比較的新しいエリア
(でももう10年くらいになるかな?)。はじめの頃は
なんだか殺伐として味気ない風景だったのが、植物たちもよく育って、
人影も少なく静かに楽しめる散策エリアになりました。
か16

”サヨナラ”なんて名の由来を知りたいものです。これも白花。
か17

か18

〈ハナミズキ〉ミズキ科、花芽。
か19

これは実?
か20

実かな?花芽かな?〈エゾキブシ〉?
か21

〈シマサルスベリ〉ミソハギ科
か24

こんなに早いチューリップは「アイスチューリップ」。
か25

球根を低温貯蔵することにより冬を疑似体験させて
開花を早め~騙されちゃった三兄弟。
か26

〈スイセン〉通常運行中。
か27




1月のデンパーク ~ セコイア

デンパーク缶
01 /27 2020


1月19日(日) デンパーク
め1


め2

東ゲート近く。メタセコイアかと思っていたら、
冬でも常緑なのは〈センペルセコイア〉なのかな?不明。
め3

め4

め5



めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート