FC2ブログ

デンパーク * 秋色散策 * ⑪

デンパーク缶
10 /31 2019




10月20日(日) デンパーク

~《四季の花木園》あたりから ~ 森の色 ② ~

〈マンサク〉マンサク科
あき210

〈チャンチン〉センダン科
あき130

〈アキグミ〉グミ科
あき132

あき134

〈アロニア・アルブチフォリア〉バラ科
あき135

あき137

〈マンサク ’ディアヌ’〉マンサク科
あき205

花はおとなしいうす桃の一重、〈サンショウバラ 〉バラ科
あき206

あき207

 〈マユミ〉ニシキギ科
あき208

紫葉の、〈オキザリス〉カタバミ科
あき149

シルバーチョコレート葉の、
あき150

〈プルヌス・システィナ〉バラ科
あき209

あき153

〈タマリスク・テトランドラ〉ギョリュウ科
あき155

来たみちをふりかえる。
あき156



スポンサーサイト



デンパーク * 秋色散策 * ⑩

デンパーク缶
10 /30 2019


10月20日(日) デンパーク

~《四季の花木園》あたりから ~ 森の色 ① ~

つややか〈ヤブツバキ〉秋の葉。(これは秘密の花園 前)
あき5

〈ハナミズキ ’クラウドナイン’〉ミズキ科
あき70

の、実。
あき72

〈コバノズイナ〉ユキノシタ科
あき71

〈アロニア プルニフォリア〉バラ科
あき79

〈サルスベリ〉ミソハギ科 の、秋の実の姿。
あき83

〈シナユリノキ〉モクレン科
あき89

名は、中国原産で初夏につける花がユリに似ているからと。
検索するとその緑の目立たない花はチューリップに似て、
こちらは秋の実。実の方がユリに似る?
あき212

葉の形は誰にも似ず。
あき90

〈ガマズミ〉?
あき211

〈アケボノスギ〉ヒノキ科
あき91

クリスマスころには赤く色づくよ、〈ヒイラギモチ〉モチノキ科
あき110

秋色~空。
あき114

〈 … 〉自然発生的な…。
あき118

彩り花木園、森の散策。
あき116

影と、
あき123

光と。
あき122



デンパーク * 秋色散策 * ⑨

デンパーク缶
10 /29 2019



10月20日(日) デンパーク

~《彩の花木園》あたりから~

日照を好んで、紅葉する姿も見事らしいのですが、
あき92

〈ピンオーク〉ブナ科
あき93

ここはあまり日のはいらない森なので、紅葉はどうかな?
あき94

あき99

木洩れ日に透かされて
あき119

煌めく星々。
あき120

見上げる巨人、堅物だな。
あき121

アメリカ北東部・カナダ南東部原産。
樹皮は腸の痛みに効くとして
ネイティブアメリカンが煎じて利用したとか。
あき129



デンパーク * 秋色散策 * ⑧

デンパーク缶
10 /28 2019


10月20日(日) デンパーク

~《彩の花木園》あたりから~

この特徴のある枝は、
 あき96

〈カツラ〉カツラ科カツラ属
あき100

新葉の頃の目にも鮮やかな緑も心惹かれますが、
あき101

見上げる樹高、まばらに黄葉。
あき113

そうそう、この日のおばさんのミッション、
この黄色くなった葉っぱの匂いを嗅ぐことだったわ。
あき106

あまいカラメル風味のような~、しょうゆ風味のような~、
あき107

秋の匂い見つけた。
あき97



興福寺 南円堂・北円堂・ゆかり

なら缶
10 /27 2019


ご縁があって来られました。

昨日は奈良・興福寺
えん2

先週、日・月でお休みが取れたら~と、ちょいと調べてみたら
通常10月17日の1日のみ公開の興福寺の南円堂が
今秋は南円堂・北円堂 同時に3週間ほど特別開扉ということで。

都合で日・月の連休がマボロシとなって、
土・日ではこの季節の宿泊は難しいしと、一旦は諦めたのですが
ならば日帰りで行けばいいじゃん!ということで。
えん22

南円堂は本尊 不空羂索観音菩薩坐像、
そのまわりを護るように四天王立像と法相六祖坐像
いずれも仏師康慶とその弟子が造像、国宝。
えん1
北円堂は本尊 弥勒如来坐像
そして四天王立像、無著・世親菩薩立像
いずれも康慶の実子であるとされる運慶とその一門による、国宝。

こちら南円堂。現在の南円堂は創建以来4度目の
寛政元年(1789)頃の再建。日本最大の八角円堂だそうです。
えん21

西国三十三所9番札所だそうで、
参拝の人々で賑わってます。
えん6

金柑さん たわわ。
えん7

通常お参りする正面からは左手からうしろにまわって、
えん8

えん9

えん10

中に像高3メートルを超える不空羂索観音菩薩様。
手に持つ羂索(縄)で人々の願いを空しいものにしない
誓願を持っているんだそうで。金色に輝く全身に、切れ長の目。
額にも3つめの目を持つ。
何度も印刷物の写真で見たイメージとは実物は違うもので、
威厳と慈愛のオーラを放つ雰囲気と、
周りを固める四天王らの醸す緊張感。
そんな世界を内に秘め、八角の屋根。
えん11

「春の日は南円堂にかがやきて三笠の山に晴るるうす雲」…御詠歌
えん12

そして、こちら北円堂。
えん13

藤原不比等の一周忌にあたる養老5年(721)に創建され
現在の建物は承元4年(1210)ころの再建。
えん16

その後の2度の大火にも難を逃れて、
現在の興福寺に残る堂宇の中では最も古いのだそう。国宝。
えん15

えん18

こちらは通常、春と秋に公開があるようで、
インドの僧侶であった無著と世親兄弟の大きな像が
本尊の弥勒如来の後ろで静かに控えるのが印象に残る。
えん3

北円堂からながめる南円堂。
えん17

紅葉はまだ、、、。
えん19

左から南円堂、真ん中に小さく北円堂、右は新しい中金堂。
えん20

拝観料金は南北両堂セットで1,000円、記念品付き。
ゆ、ゆ、ゆ、ゆ、ゆかり~⁉
えん5

7年前の御朱印帳、キラリ☆
えん24

猿沢池より。えん23





めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート