FC2ブログ

ソテツ劇場。

植物缶
06 /30 2019


毎年この季節に繰り返されてきたのか、
そてつ1

数年に一度の風景なのか。
そてつ2

その生態をよくは知らず。
そてつ3

はじめ柔らかく閉じられたものが、
そてつ4

次第に伸びて広がる。
そてつ5

円柱状の頂上に去年の実。
そてつ6

それをかき分けて中央から押し出る新葉。
そてつ7

1億5千万年以上前のジュラ紀が全盛期、
そてつ8

化石も残っているんだって。
そてつ9

庭の、〈ソテツ〉ソテツ科ソテツ属。
そてつ10

恐竜が見たカタチを、おばさんも見ているのかな。
そてつ11

30年ここにいて、1メートルも成長したでしょうか。
そてつ12

ときどきこうやって動きを見せて、
そてつ13

ほんの少しだけ上に成長。
そてつ14

ちょっと不思議な光景とともに。
そてつ15

本日雨上がりの、
そてつ16

露に濡れる新葉。
そてつ17

カール、
そてつ18

カール、
そてつ19

もやの向こうに、
そてつ20

光のこちらに。
そてつ21



スポンサーサイト



6月 ~ 梅雨曇りの庭から。

植物缶
06 /29 2019


〈キバナコスモス〉平戸橋から一番星。
くも4

ミドリ①号
くも5

梅の軸
くも15

〈ハンゲショウ〉ドクダミ科
20190629015716564

「花が咲いてるよ」って教えてくれるのは、お化粧した葉っぱです。
くも185

「近寄らないで」〈ルリタマアザミ〉キク科
くも18

葉っぱグラデーション、〈ヒュウガミズキ〉マンサク科
くも20

雨上がりの〈スモークツリー〉
くも215

ミドリ②号
くも21

コキア・コキア・コキア
くも22

〈ベゴニア〉シュウカイドウ科
くも23

〈エンジェルトランペット〉ナス科
くも245

20190629015737c8e

くも266

〈セイヨウニンジンボク〉うす紫の軸
くも26

極楽鳥のなれの果て。
くも27

毎度、ガクアジサイ風景。
くも29

くも30



アジサイの庭から。

植物缶
06 /27 2019

梅雨の晴れ間の朝の庭。
あ1

前の年に早目に剪定したおかげか、今年はたくさん花をつけ。
あ2

やっぱりこの季節は青系が映えて。
あ4

ほら、この装飾花の軸がちょっと半透明で、
あ5

コアジサイっぽくないですか?
あ6

それが今年の発見。
あ8

この色にもよく眼が馴染みました。
あ9

問:この中には何種類の植物がいるでしょうか?
あ12
答:7種類
ガクアジサイ:アジサイ科
コムラサキシキブ:クマツヅラ科
ハゴロモジャスミン:モクセイ科
ツルニチニチソウ:キョウチクトウ科
ミズヒキ:タデ科
レモンバーム:シソ科
ブドウ:ブドウ科(右端にチラリ)

青空スパイラル。

まち缶
06 /22 2019



地下街を抜け出たら … 青空スパイラル。
すぱ1

すぱ2

すぱ3

すぱ4

すぱ6

母アジサイ、娘アジサイ。

植物缶
06 /21 2019



ちょうど花の峠、…ちょっと下り始めたところか。


実家の、母のアジサイ。


たぶん私が母の日にあげた鉢植えのを、母が地植えにしたんだな。


我が庭にも元から植わっていたピンクがあって、
それを見た母は「色が残念だね(水色ならよかったのに)」。

この色は私好みで。


実家が無人になって、この株を移植して貰いたかったんだけど、
うまく根付かせる自信がなくて実行できずそのまま、10年。


その間に、挿し木にしたのはうまく育って花が咲いたが、
私的には残念過ぎる、この色。




土のPHのせいか、園芸種にされる前の元の色がこうだったのか。


ちょっと赤めのものもあるが。


この色も目に馴染んできて、


この頃は、もう少し青くてもいいかななんて。


自分も年をとって、好みも変わってきたのもあるかな。



庭にもなじんで。



雨の日もいいけど、朝陽に輝く姿もいいよね。







めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート