FC2ブログ

デンパーク ~ 7月の穂

デンパーク缶
07 /30 2018



7月28日(土) デンパーク

ハスの続きのグラスウォーク、炎天下の中で、


こんなふうに秋に向かう、初々しい穂を見せる。


〈ベニセツム・アドベナ〉イネ科チカラシバ属



ムラサキに、穂。



ムラサキに、グラス。



毎年ハスの開花に合わせて、早朝開園の日があって、

朝露に濡れるグラス類の葉の美しさは格別なのですが。

日も一番高い時間に、人影もなく、



〈ベニセツム・ビロスム〉



宿根タイプ、年々株を大きくして穂を揺らすよ。


ほ * ほ * ほ






グラスの道を


爽やかに猫じゃらし。



汗 拭きながらふり返り、



パンパスグラス、まだ穂にもならず。


秋を楽しみに。







スポンサーサイト



遅ればせながら、

デンパーク缶
07 /29 2018



7月28日(土) デンパーク


見ごろは半月ほど前でしたかね。

気にはかかっていたのですが、ご用が重なって行けずじまい。



台風も近づいているし、今日を逃したら来年までお預けだな、

ということで。



駆け込みご来園。 


待っててくれたんだね。






もうほとんどは、



こんな風に、



こんな風に。



人影もなく、



ウシガエルの鳴き声と、水音。


つま紅の、







ハチス



明日開く予感。



見届けて、



見届けて。







ネム

植物缶
07 /21 2018



連日の酷暑に庭の植物も悲鳴をあげていますが、

これは2週間ほど前の、ネムの花



やっと梅雨の明ける庭に


午後早い時間はこんな姿から、


袋を破って


ピンクの糸くず


花びらじゃないんだよ。のびる花火は、おしべだそうです。


満開の?おしべ。



葉もそろそろ眠りに入る夕暮れ時に



あまく香る夏の花。








夏は朝顔。

植物缶
07 /16 2018



どうにもこうにも夏は苦手で、
ただ辛く通り過ぎるのを待つだけなんですが、

夏は朝。


や、早起きも苦手なんですがね、
まぁ朝寝坊すぎない時間には起きて外に出ると


真新しく開いたばかりの折り目付き。


去年 種を買って育てたものが
覆輪の品種だったのですが、赤、桃とこんな紫がかった水色。
実った種を、翌年を楽しみにあちこちに撒いておいたのが、
結局ほったらかしのプランターからこのひとつだけ発芽して


先日から毎朝 お楽しみ ひとつ、ふたつ。


かの平安女史は「闇もなほ」と蛍の夜などをめでていましたか。
地球温暖化の現代は「夏は朝、朝顔。」
咲くあいだのみは清々し。







脱皮の庭。

植物缶
07 /11 2018



毎朝の発見の庭で、


あれ、右のヒトは誰?と、よく見れば



昨日までのワタシの抜け殻ですね。


フヨウの鉢で、階段をのぼるようにワンステップ成長。



これは20日ほど前の。


お友だちに頂いたコキアの、さやさやの緑に


探すといないんだけど、


抜け殻を残して、


ミズヒキの葉に、ちょっとオトナに、脱皮の庭。







めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート