FC2ブログ

竹内栖鳳展 ~ 藤井達吉現代美術館

アート缶
05 /30 2015



この猫に会いに、


GW最後の日にですがね、
愛知・碧南市藤井達吉現代美術館

生誕150年記念 竹内栖鳳


毎度写真撮っちゃうんですが、
向こうは西方寺と九重味醂さんのいらかの波


ほんの小さな市立美術館なんですが、
遠出の苦手なおばさんにアートの啓蒙ポイント。

今回も、上の猫、羅馬之図(左右が2期に分けてですが)…他、
いつもの展示よりボリューム多めの約100点。


竹内栖鳳(1864-1942)

おばさんにとっては栖鳳といえば上村松園の絵の先生。
*
松園の随筆集の『青眉抄』にも栖鳳の思い出の記述。
*
伝統的な日本画の世界で師匠の画風にそっくりに
描かねばならない時代に、狩野流や雪舟、伴大納言などの
絵巻類等を模写して古画を研究し、研鑽をつむ。
そういう中で積極的に新しいものを見つけ出そうと
されていたのでしょうか。
型にこだわる師には非難されながらも
「描かれるものがどこか若々しい独創的なところがありました」と、
当時の同じ画塾の先輩を見る松園の眼。


1900年に渡欧した際には、「ちょうど恋しい人に逢ったようです」
ミレーやコローに感銘、創作に西洋と東洋の融合を試みる。
そんな試みが見られる作品もあり。

栖鳳と云えば後ろ向きに毛づくろいしながら、
ちょっとこっちを睨み付ける『班猫』というのが有名ですが、
他にもライオン、サル、ウサギ…
「ケモノを描かせてはその匂いまで描く」といわれたという。

《家兎》


絵の技量のとびぬけて優れていたのとともに、
幸野楳嶺の塾にいた時には、松園が、
しばらく栖鳳らの姿が見えないことを不思議に思っていたら
『ちょっとこの頃 破門で』と聞く、
「豪放なお方ですし…」という思い出。

この大胆な線の《富嶽》


40代と70代に描いた滝の絵が
掛け軸になって並んでいるのもおもしろい。
(見られたお客さんはどちらがお好き?)

カラスや鷺がとても愛嬌がある姿で描かれていて、
スズメたちも。
「あのチュ!の声が大好き」

そして主役の動物などの横に「ツマ」として描かれた
笹や蔓草など植物が、またお上手なのですね~。

ネズミとカブ《春宵》


そして《小春》


               ~ 6月7日(日)





スポンサーサイト



金沢 ・ 街かど ・ さんぽ ⑦

かなざわ缶
05 /28 2015



もうそろそろ1ケ月前の風景になってしまいました。

金沢・街かど散歩。

高岡町。


長町。カフェ。もとは大正時代の鉄工所だそうです。


そのお隣り、古本の看板。


長町武家屋敷の路傍のヒューケラ。


シックだったり、


雑多だったり。


こういう土地の段差は惣構のなごりだったりする?(広坂?)


そして、Sに曲がる。(長町?)


兼六園はそろそろカキツバタが見ごろでしょうか。


香林坊、一本裏の道


『賑橋(にぎわいばし)』あと。


109の前には、


『香林坊橋』あと。


昔と今と、


まちの人と観光の人と…。


用水のある街かど。





おしまい。



藍姫

植物缶
05 /24 2015



春が来る日を焦がれていたのはいつのことだったか。

晴れると日差しが焼けるように熱くて、
外出するのも億劫になる。

いつの間にかアジサイの季節。


花も背丈も小ぶりな山アジサイ


ドングリの木陰の場所がお気に召してくれたようで、
馴染んで年ごとに花数をふやすよ。


うまく色が写せないんですが、
目に染みる藍色の、


(土の具合か、ピンクがかったのもありますが~)


山アジサイ《藍姫》


ここで静かに夏を迎える。


小さく満開の


本日は頭上にツバメも飛ぶ。





金沢 ・ 街かど ・ さんぽ ⑥

かなざわ缶
05 /21 2015



図面を見ることも多い職場にいるんですがね、
若いおニイちゃん達はよくこれを素早く理解できるなと
感心してる おば社員。

図面読解力と、地図…。

徒歩だったり、自転車だったりの
金沢さんぽ。

地図が読めないんですね。
ま~毎度同じようなところを見て廻るだけなんですが、
毎度毎度 迷子。

そして、新しい発見。


あとで お名前で検索したら、美容室みたい。


古い町家の再利用。


アンティーク? レトロ? ヴィンテージ?


自転車まで込みでアート。


おばさんもカットしてくださる?


懐かしさと若々しさと。


曲がりくねる街かどに。






バラ 、 アラカルト。

植物缶
05 /20 2015



5月17日(日) 西尾市バラ園

日差しが強くて、風が強くて、
日傘をふっとばされながら、


でも、やっぱりバラはおひさまが好きなんですね~。
























めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート