FC2ブログ

名古屋城 本丸御殿

アート缶
10 /19 2014
 

 
10月11日(土) 名古屋城
 
前来たのはいつだったのか、
まだ公開前の桜の季節でした。

 
京都二条城二の丸御殿と並ぶ
武家風書院造の双璧といわれたそうです。

 
名古屋城本丸御殿
 
1945(昭和20)年の空襲で、天守閣とともに焼失。
 
2009年から復元着手、昨年5月から
玄関、表書院など公開開始。

 
まぁ、公開の始めはきっと混雑するだろうと、様子見。
が、結構早い時期から、どうもお客さん少ないらしい情報。
そしておばさんも、やっとこ、謁見に参る。

 
先に寄った美術館で「コンドルは飛んでいく」なんか
聞いて時間ロスしてしまい、
閉園時間までわずかになり、早足見学。
 
復元模写、襖絵

 
本丸御殿は1615(慶長20)年完成、
当初は初代藩主・徳川義直の住居、藩の政庁。
その後は将軍上洛の際の宿舎。 
狩野派の絵師による床の間絵、襖絵などで
絢爛豪華に彩られていた。

 
御殿は戦災で焼失してしまったが、
襖絵などは取り外せたために難を逃れる。

 
当初、河村さん(名古屋市長)が
「本物を元の通りに取り付けて公開しよう」
なんてぶちかまして、
尾張藩でもないおばさんも心配しましたが、

 
建物と一緒で、新品・金きらの復元画おさまる。
 
竹林豹虎図(本物は重文)

 
現在、期間限定で本物も特別展示(ガラスの向こう)
 
10月10日~10月16日(終了)は、
「麝香猫図」

 
(鳥)

 
(シラン)

 
※ 10月17日~10月26日は、「松楓禽鳥図」
 
表書院上段之間

 
きんきらら。。。

 
公開はまだ1/3ほど。
復元工事進行中部分の建築現場の公開もされているようで。

現代の匠たち、本日のお勤め終了時刻。
 
全公開は平成30年予定。

 
  
 

ハロウィン☆トラクター

デンパーク缶
10 /18 2014
 

 
本日はお天気が良かったので、
デンパーク

 
秋らしい飾りつけで

 
《秋穫祭》だそうです。

 
どいてくれないと撮っちゃうぞ、じゃなくて。

 
お菓子をくれなきゃ…ですよ。

(これら、地元の農林高校の生徒さんが飾り付け)
 
ハロウィン☆トラクター

 

 
いつもの天ぷら油の汽車もハロウィン仕様

 
10月26日(日)は、ハロウィンパレードもあるそうで。

 
 
 
 

アンデスは飛んでいく。

まち缶
10 /17 2014
 

 
名古屋・金山

 
あと一駅で名古屋です。

 
と、室内か?外からか?郷愁をおびた音楽が…
ほんのささやかな音量で

 
「あ~あそこ。アンデス地方の音楽だ~」

 
どこから現れたのか、中南米っぽいお父さん2名。

 
や、この音色、響き、
そしてこの装備、プロの方ですか~~~???
 
駅前広場に
アンデスの風が吹き渡る~。
 
と、素知らぬ顔で流れていく人々を背に、
めかねこさん様のご婦人が立ち止まる。

 
と、と、少年とその親族と思われるご婦人も。

 
あ、座っちまった。

 
先のご婦人、手拍子。

(結構のりのりで、身体ゆすって)
 
「花祭り」とか、「コンドルは飛んでいく」とか、
曲名知らないけど聞いたことある曲とか、
アンデスの音楽って結構お馴染みなんだ。

 
ご婦人、ずいぶん長いこと、独占コンサート状態。

 
めかねこおばさんもずいぶん長いこと、
コンサート観察状態。
 
あ、これは先日の美術館の休憩室よりの眺め。
 
 
 

お堀 de 釣り

まち缶
10 /15 2014
 

 
日も暮れかかる、えびふりゃー城のお堀にて。

 
(あたしゃ、さっき天守までのぼって来たんだぜ。)

 
おばさん:「なんか釣れるの?」
にいちゃん:「ブラックバス釣れるよ」

 
おば:「へ~、釣ったら食べるの?」
にい:「や、釣ったら逃がすんだ」

 
おば:「ふ~ん、キャッチアンドなんとかだね」
にい:「リリースだよ」

 
おば:(それくらい知っとるわ)

 
葵の御紋、しゃちほこばる。

 
 
 
 
 

『美術する身体』

アート缶
10 /14 2014
 

 
美術する身体
ピカソ、マティス、ウォーホル 

 
名古屋ボストン美術館

 
開館15周年だそうです。

 
アメリカのボストン美術館の姉妹館。

 
大きすぎるお姉さまは多大な寄付は要求するが、
いい作品はなかなか貸してはくれず、
小さすぎる妹は赤字なんですね。
この先もどうなっていくのでしょうか。

 
おばさんも、アートに飢えてはいるのですが、
ちょっと寄り道できる場所なんですが、
ま~ほぼ素通りが多いです。
磁力不足なんですね~。
 
今回は、タイトルに引き付けられて。

 
ピカソ、マティス、ウォーホルはごく一部です。
ジャコメッティ、ミロ、…
ごめんなさい、あとはお名前不明、
現代に近いところから現代の油彩・版画・彫刻・写真の
「身体の美」

 
初めて聞くお名前、メモりませんでしたが、
アメリカ人の素描に近い作品よかったな。
「ドガの踊り子」の精神病棟版みたいな作品、
あ、フロイトのお孫さんの作品もあった。
全然違うモチーフだが縦長で
棟方志功の「釈迦十大弟子」様の構図の版画。
版画や素描は紙が気になり、近づいて見る。
添え書きに、わざわざ「アジア産の紙」って書いてあるものも。

 
アイリ・マティスの《横たわる裸婦》は地味にいい。
はじめて見る(おばさんが知らないだけさ)作家の作品も磁力あり。

 
パンフレット左下、この美しい身体、
ハ―ブ・リッツ《パンツ(背面観)》

 
ミュージアムショップ、おばさんのおみやげ~。

(孫への土産じゃないよ)
 
 
 

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート