FC2ブログ

彫刻家 高村光太郎展

アート缶
11 /19 2013
 

 
愛知・碧南市藤井達吉現代美術館
 
 生誕130年        
彫刻家 高村光太郎

 
高村光太郎
明治16年(1883)-昭和31年(1956)
 
アタマに「彫刻家」とついているのに驚いてしまったのですが、
『智恵子抄』や『道程』などで詩人としての方が
知られているということでしょうか。

 
仏師・木彫家の高村光雲の長男。
木彫の修業は6歳頃から。光雲は他のお弟子さんには
細かく指導をしたが、光太郎には何も教えず、
経験から学ばせたという。

 
まるで凛として立つ、仏像のような《手》1918
これは展示室の角に置かれていて
前からだけ見て通り過ぎてしまいそうですが、
ちょっと後ろに回って。手の甲。中指の筋が麗し。
 
ざっくり彫られた《蝉》の翅。
青い果実の渋さまで感じる《柘榴》《桃》
《鯰》、《蓮根》の巻葉
 

 
ブロンズの胸像、老人の首、
晩年の作品 ~ 十和田湖畔にたてられたふたりの智恵子像の試作品。

 
光太郎の小さな作品を包む智恵子手作りの巾着やふくさに、
光太郎の文もよく。

 
ほんの高さ30センチほどの智恵子の坐像も
みずみずしく輝く。

 
他にロダンの小品、
マイヨールらの《手》
荻原守衛《抗夫》
父の作品に厳しかった光太郎が、この作品だけは
手放さなかったという 光雲の《洋犬の首》

 
 
 
 
 
スポンサーサイト



バラのつぼみ

植物缶
11 /10 2013
 

 
本日はバラのつぼみ

 
そろそろ春咲きの球根植えどき。
先週までにチューリップの球根は幾種類か購入済み。

ま~年に1度のおばさんのドーラク♪
 
今日(土曜)は一緒に植えるビオラなんか見つくろって
夕方までには植え付け完了予定だったのが、
 
寄り道の西尾市バラ園

 
曇天に晩秋のつぼみ

 
撮ル オ父サンハ 絵ニナル♪

 
サア、始マルヨ。

 
温室内も、

 
かわいいミニバラ

 
正統派のかたちと

 
色と。

 
花束 貰ッタツモリデ ナガメル♪

 
エェ色ダナモ♪

 
あとで画像を確認したら取り始めが2時半で、
ラストが4時過ぎ。それから花の苗を少し買って、
家にたどり着いたらとっぷり日は暮れ
洗濯物は冷ぇ冷ぇでした。

 
ブラックバッカラ

 
プリンセスドゥモナコ

 
植え付けは翌日繰り越し。
天気予報は雨ですけど。
 
 
 
 
 
 

瀬戸 川の街

まち缶
11 /06 2013
 

 
10月12日(土)の瀬戸、これで〆です。

 
瀬戸ってどんな街だろって地図を見ると、
中心部を横切る川が目に飛び込む。
 
瀬戸川

 
川を挟んで1車線、川を撮りたくても川沿いに歩道がなくて…。

 
せとものづくりにはいい筆も必要でした!

 
県外から観光に来るほどでもないでしょうが、
見どころは満載で、半日では足りませんでした。
 
街の道しるべ

 

 
招き猫ミュージアム。行き着いた時には
閉館時間を過ぎていました~。

 
静かな流れの

 
名古屋まで20㎞

 
右のあかりビルの向こうに尾張瀬戸駅

 
橋の欄干には、
 
「ひこうきぐも」

 
「練り込み花器」

 
「織部花器」

 
尾張瀬戸駅近辺には瀬戸焼を買えるお店もいくつか。
 
「瀬戸蔵」という焼き物の資料館とショップのある施設で、
ちょっと大きめの黒い招き猫。
ひとめぼれしてしまったのですが、
お値段に足踏みしてたらここも「蛍の光」が流れ出し、
後ろ髪ひかれながら、離別。

 
織部の小皿も欲しかったな。
 
 

瀬戸風景

まち缶
11 /04 2013
 

 
あと、あと少し10月12日(土)の瀬戸風景

 
店先のふくすけ番頭

 
この階段の先は『ジャックと豆の木』をのぼって行く、
その雲の上の世界。

そういう妄想のための散策~~~♪♪
 
日本有数の陶磁器の産地として長く栄えたこのまちも
近年は窯業関係の低迷が続く。
今はアクセスの良さからトヨタ関連の従業員の住宅地や
工業団地のとしての開発が進む。

 
夢のあと。

 
洞本業窯
(瀬戸市景観重要建造物第9号) 

 
登窯

 

 

 
上の窯を焼く道具で、窯垣の小径ができているのね。

 
工場の裏手

 
窯垣の小径ギャラリー
(瀬戸市景観重要建造物第3号)

もとは江戸時代からの窯元の屋敷
*
この時は「円の会」という若い(?)作家さんたちの
作品の展示販売してました。
*
抹茶&栗きんとんでひと休み~。

 
 
 
 

金沢 ネオン ~ 路地、路地裏

かなざわ缶
11 /02 2013
 

 
先週土曜の金沢片町
 
観光客さんから、地元の方、飲み会集合時間帯

 
そこから一歩奥に迷い込む。

 
昭和異次元、『金沢中央味食街』

 
7、8人も座れば一杯になりそうなカウンター席ばかり、
16軒ほど。

 
まるで舞台セットを歩く。

 
心を込めておもてなし~。

 
 
 
 

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート