FC2ブログ

黒田辰秋・・・ | 漆という力 展

アート缶
01 /27 2013
 

 
先週の豊田市美術館

 
豊田市もここから少し街外れに豊田市民芸館というものがあり、
2年ほど前、《日本民藝館コレクション》展という特別展あり。(※
     柳宗悦をめぐるひとびと―                           
      河井寛次郎、バーナード・リーチ、芹沢介、棟方志功の逸品が
その人気のほとんどない、ひっそりし過ぎる空間になごやかに並ぶ。
 
その中の黒田のこの朱塗りの鏡台(結構大型)に衝撃。
すみません、存じ上げませんでした。
 
黒田辰秋(1904-1982)
 
京都の塗師屋の家に生まれ、
10代後半~20歳ころ河井寛次郎に出会い、
河井や柳宗悦らの民藝運動に加わる。
 
漆芸・木工芸の重要無形文化財保持者
 
 
この豊田市美術館は黒田のまとまったコレクションを持っているそうで

 
今回はその黒田と田中信行(1959-)の展覧会
 
黒田辰秋・田中信行 | 漆という力 展

 
こんなシンプルで骨太、でも愛嬌のある曲線の朱塗り

 
螺鈿使い

 
柳宗悦らがもたらした李朝家具に大きな影響を受け
李朝の家具、それを模した黒田の棚も並ぶ。
それら黒田のいくつかは河井寛次郎記念館蔵で、
黒田の生涯にわたり大きな存在だった河井も
陶芸家でありながらのちに木工の作品も手掛け
そんな河井の作品もあり。
京都の河井寛次郎記念館にもぜひ行ってみたいと思わせる。
 
黒澤明監督にも作品を愛され、
監督の御殿場の別荘にも依頼されて制作した椅子やテーブルのセットが。
下の《彫花文椅子》様の椅子に寛ぐ監督の写真もあり。

 
2000年にもこの美術館で黒田の作品展が催されており、
その時の図録を今回手に入れてひらいてみると
この美術館の学芸課長さんが学生の頃
黒田を近くにみて(工房のバイトさんで?)
「最も美しい線は、削り進んでゆく間に一度しか訪れない。
削り足りなくても駄目、削り過ぎても駄目。」と語り
その制作するなまなざしは板や木地を慈しむようであった、と回想。

                                     ―4月7日(日)
 
 
 
              ※) http://blogs.yahoo.co.jp/xtxfm354/21973993.html
 
 
スポンサーサイト



豊田市美術館

アート缶
01 /21 2013
 

 
本日は青空の豊田市美術館

 
ふつふつの噴水(?)

 
1995年オープン。名鉄豊田市駅から徒歩で15分ほど。

 
 
元は七州城という小さな城の跡地だそうで
土地の高低が面白く使われていて、
ここは2階部分。

 
ヘンリー・ムア《坐る女》

 
《散歩するちびっこ》

 
鏡のだまし絵・迷宮

 

 

 

 
建物1階から2階~屋外上から下~いろんな散策で見える眺め

 
2階部にもふつふつの噴水

 
シンプルな直線と、石と水

 
 
暮れかかる2階

 
暮れかかる1階

 
 
 
 

1月の庭から。

植物缶
01 /17 2013
 

 
 
比較的温暖なこの地方も、
今年は まぁ寒い冬で、椿の花も傷みがち。

               
 かまきりの卵(2個)付き
 
満月ロウバイ

 
はかなげな小さな声で囀るのですが、
家の中にいても「あ、来てるな」って分かるのです。

 
年末からゆっくり花の季節をひろげていくので

 
まだしばらく うちに寄るのを日課にしてくれそうね(*^_^*)

 お休みの日なんか一日家にいると、
朝から夕方まで何度も何度も来ているようで、
うちを気に入ってくれてるのかな~。
 
沈丁花

 
あとひとつ金沢。

 
ホントは『たらばがに』のがよかったんですが
あいにく売り切れで、

 
金沢:芝寿しさんの
本ずわいがに棒寿し

 
ほかに『甘えび』のもあるそうですよ~

冬季限定(~2/28)
 
 
 
 

雪の日、兼六園。

かなざわ缶
01 /09 2013
 

 
年に1、2度『名古屋城が雪化粧』がニュースになる愛知在住。
 
お正月の金沢。
朝寝坊の10時過ぎ、窓からこっそり地元のおばさんの雪かき風景を観察
ふかふかの新雪を踏むと子供心に戻りますが、
ま~雪は年に1、2度でOKですよ~。

 
でもせっかくの冬の金沢、雪景色の兼六園に寄りました。

 
枝ぶりが一番美しい唐崎松。

 
曲水に冬眠中(?)の桜、ツツジ、カキツバタ

 
誇り高き老松

 
兼六園は、もともと金沢城の外郭として城に属した大名庭園。
加賀藩五代藩主・前田綱紀から歴代藩主により作庭。

 
ライトアップの夜間無料開園なんか随時あるようで、
この日もお正月ということで。

 
雪ツバキ

 
そして、お決まりの。

 
特別名勝

 
 
 

雪化粧 * 金沢

かなざわ缶
01 /06 2013
 

 
お正月の金沢城あたり

 
一度 雪化粧の石川門を見たかった、願いが叶いました。

 
優美な唐破風の出窓

 
石川橋からお堀通り(百間堀)

桜の季節はどんなでしょう。
  
お堀通りより

 
石垣

 
金沢 うら田さんのお正月の和菓子
千歳

新雪が初日の出にきらめく一瞬を表しているそうです。
 
これは向かいの兼六園側

 
そのまた向こうの成巽閣前の用水

 
空は鉛色ですが、観光に便利なルートバスはこんな華やか。

おばさんも乗ってみた~(*^_^*)
 
雪化粧の街 ~ 兼六園からの眺め

 
 
 
 
 

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート