FC2ブログ

扇風機

よしなしごと缶
06 /26 2012
 



 
本日、職場に電気工事屋さんが来て、
めかねこおばさんの後部頭上の壁に首振り扇風機2機設置。
 
今までL字のフロアのタテボウてっぺんの位置にエアコン。
ヨコボウ位置に並んで立ち作業。
構造上冷気が届かない+PCなんかが熱持つ+空気の流れがなく熱気が澱む。
夏は30℃超えてサウナ。
ここで時間に追われて四苦八苦。
 
毎年オヤジドリンクなしでは暑さを乗り切れない。
 
それもまだ序の口の今月上旬~、
大手メーカー退職後パートで助っ人に来てくださってた男性が
二度、倒れて気を失う。
(以前は常時20℃保持の快適職場だったとか)
 
『マネージャー』なんて肩書き持つ子が社長に
「そりゃ、ここ暑すぎですよ」と指摘してくれて、
やっと、この扇風機。
 
一緒に来た大工さんが「今までよく辛抱したね~」という暑さです。
(まだ序の口ですよ~)
 
倒れられたのはきっと他にも原因ありですけどね(立ちっぱなしもよくないよ)。
 
 
もちろんクーラーのがいいですけどね~。
書類が舞いますけどね~。
 
ちょっとボケてるヤグルマギク

…ま~このくらいの涼しさ。
 
でもこの夏は乗り切れそう~。
 
Hさんも元気になったかな。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



6月、第三金魚荘。

植物缶
06 /23 2012
 

 
本日は梅雨の晴れ間のお休み。
 
シモツケ

 
第一金魚荘、第二金魚荘

 
このぶつぶつはもしや金魚の卵???

 
こんな色のアジサイ

 
名古屋でもボストン美術館の『日本美術の至宝』展 始まりました。

 
名古屋では前期・後期の二期に分けて。
早期割引チケット セットで 1,500円、
もう1月の上旬に買ってしまいました。
さすがに初日は避けます~。
賑わい具合はどうなんでしょ。
なるべく人の少ないときに見たいのですが。
 

 
 
以下、カエル苦手な方はご遠慮ください。
発泡スチロールの第三金魚荘。

 
修行中の達磨を前に

 
あ~んなことや

 
こ~んなこと

 
蛇はカエルを食べるけどカエルは金魚を食べないのか。

 
猫の前ではダメだよ。

 
 
 
 

卒業。

よしなしごと缶
06 /21 2012
 

 
朝いち、顔を見たら「(めかねこ)さん、僕、今日で最後です」
 
本日卒業。

 
会社ですけどね。
新卒で入って丸10年。その上はいません。

 
創業20年ほど。
従業員平均20人前後の規模の工場。
出入りの多い会社で、10年正社員でいたのはこの子が初めてと思われる。
社長にも、周りの子にも慕われていたと思うのですが…
 
ま~卒業です。
 
10年超は彼と私と、もひとりおばさん。
内定決まって夏にバイトに来たのが私の部署でした。
あれからいろいろ助けていただきました。
 
今日の終わりは
辞めた数々の人たちの名前を紙に書き連ね(な~んと50人以上!?)
懐かしい事件の数々の思い出話。
(社長は本日ご不在)

 
卒業の経緯とその後の進路は聞いてません。
 
若いパパ。
腕を生かして10年、20年後「あ~あの時決断してよかった」と思える人生を。
 
ルドベキア・マキシマ
アメリカ原産 キク科
花言葉 : 公平、正しい選択
 
(夏に向け まだ咲き始め。)
 
旅立つ救世主を見送るめかねこおばさん。
 
もう助けてもらえない…。
自立しなきゃ…。
 
 
 
 
 

デンパークの水面 ~ みなも

デンパーク缶
06 /17 2012
 

 
 
 
先週の愛知・デンパーク
 
不思議の森周辺 ~ 水生植物の池
 
みなも、きらきら

 
本日はカモご不在

 
ポンテデリア(ナガバナミズアオイ)

 
ミズカンナ

 
太藺(フトイ)

 
ちょっと暮れかかったこの時間の、この場所がお気に入り

 
水面下ではそろそろハスが始動開始かな。

 
デンマーク風車も日暮れ

 
むこうはススキの仲間のグラスウォークの散歩道

 
そろそろ閉園時間

 
 
次はハスを見に来るよ。
 
 
 

貴婦人のイヤリング

デンパーク缶
06 /15 2012
 

 
先週のデンパーク、温室内で
 
フトモモ目アカバナ科
フクシア

 
白い花びらに見えるところはガクで、
ピンクの下向きのところが花弁。

 
こんな色の組み合わせも

 
別名:釣浮草。貴婦人のイヤリング。

 
フォーマルな装い

 
ハンギング仕立て

 

 

 
カジュアルな寛ぎ

 
おつかれさま。
今週も一週間終わりました。
 
明日はお天気悪そうだから
おうちでごろごろしちゃおう~。

                        (ママはケータイ)      
 
 
 
 

めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート