FC2ブログ

ならなら「動仏像~点描~おみやげ」

なら缶
11 /19 2019



10月26日(土) 奈良・日帰りの旅

さっそく鹿のシャツ買ってもらったかと思っちゃった。
な301

猿沢池 脇の売店横で。
な167

散歩の?旅の?お父さん犬。
な14

飼い主さんの願いでしょうか「交通安全お守り」
な15

ならまち近くで。
な74

な75

奈良公園、バンビ。
な305

正倉院展初日でした。通り抜け奈良国立博物館。
こちら旧本館の現「なら仏像館」。設計 片山東熊。
な89

東大寺・鐘楼近くのおみやげ屋さん、瓦屋根。
な300

すっきり瞑想。
な308

夕暮れを待つ。
な156

「では。」
な155

発車前に駆け込みみやげ。
な161

「お客さん、おつり!おつり!」
な162

「秋の柿の葉寿司」
な164

写真用に三つ並べてしまいましたが、
一つずつ「葉を持ってお召し上がりください。」
な165

たのしき旅、またたび。
な307
(東大寺大仏殿お守り)


スポンサーサイト



ならなら「うるわし~点描~興福寺から」

なら缶
11 /17 2019



近鉄奈良駅を降り立って、数分も歩けばこの風景。
な1

「ふふふ。」
な2

そして、歴史の宝庫ですね。今回は寄りませんが。
な3

三重塔。目立たないところにあるんですが、国宝。
北円堂とともに興福寺最古の建物。
な4

にわとり?
な5

御朱印をいただく長い列に、
な6

な7

北円堂、見守る松。
な8

いるのは鹿だけじゃない!?
な10

東金堂。ここがいちばんお寺らしい。
な166

な12

な304

そのお隣りに。塔も松も、うるわし奈良の。
な11

な168




ならなら「行基さん1351歳」

なら缶
11 /16 2019


10月26日(土) 奈良・日帰りの旅

そろそろお帰りの切符が買えるか、電車に乗れるか心細くなってきて、
駅に戻る方向の東大寺ミュージアム前、南大門から
な151

あとでこの名と日付で検索したら、「1351歳 行基さん大感謝祭2019」
な152

行基さん(668-749)は東大寺の大仏建立に奔走した奈良時代の高僧。
近鉄奈良駅前にもブロンズの像が東大寺大仏殿を向いて立っておられて、
大仏建立と土木事業に尽力した偉業に今なお敬意と親しみを込めてのこの行列。
な153

残念ながら大仏完成を見届けることなく亡くなるのですが、
この行列はこれから大仏殿に参詣のもよう。
な154



ならなら「奈良太郎」

なら缶
11 /15 2019



10月26日(土) 奈良・東大寺

二月堂・法華堂から四月堂横の石段を少し下ると、
な143

堂々たる鐘楼。
な301

梵鐘は奈良時代の鋳造で、約26トン。
な303

「奈良太郎」と呼ばれているそうで。
な304

お隣りの念仏堂、防火用バケツ、鹿。
な147

こんなふうに反りあがった屋根は、
中国帰りの栄西により鎌倉時代の再建。
な144

鐘楼の向こうにすぐ大仏殿。
な145

桜、紅葉。
な305

鐘は毎晩8時に撞かれるそうです。大仏さんの耳元ですね。
な306

また次の石段を下りきれば、大仏殿。
ここで転ぶと猫になる、「猫段(猫坂)」。
な148
あと1か月遅かったら素晴らしい紅葉でしたね~



ならなら「二月堂舞台」

なら缶
11 /14 2019


10月26日(土) 奈良・東大寺

裏参道から二月堂へ。
な124

親善大使、寛いでお出迎え。
な126

こちらはお隣りの法華堂。須弥壇の修復が終わったのも何年前か、
こちらのほとけさまの様子も気になりますが。
な125

この日はこちらと決めて、石段を一歩。
な127

親善大使も、
な128

「降りられなくなるよ」って声かけると、
な129

賢そうな瞳で見返す。
な130

わずかな段々をあがった先に、
な132

晩秋の、
な133

舞台より。
な134

ここのご本尊は2体の観音様だそうですが
絶対秘仏で寺の僧でさえ見たことがないのだとか。
な136

大仏さんの大屋根。
な140

奈良の街を見晴らす。
な131
※ 別の写真を拡大したら、右手の方に4kmほど離れた平城宮跡まで確認できた。
な307

この風景をお土産に、
な138

お帰りはこちらより。
な141

二月堂、三月堂(法華堂)、四月堂もございます。
な142



めかねこ

猫・まち・植物・ときどきアート